Instagram

TEL 082-244-8000

FAX 082-246-5808

メール naka-cs@cf.city.hiroshima.jp

国際青年会館

宿泊専用TEL 082-247-8700

宿泊専用メール reserve@hiyh.pr.arena.ne.jp

お問い合わせはこちらよくある質問

演劇引力廣島

ホーム > 演劇引力廣島

お知らせ

過去のお知らせ一覧へ
2023年12月09日
演劇引力廣島 第20回プロデュース公演『跡先』(作・演出:福名理穂) タイトル決定!

プロデュース公演

その他のプロデュース公演へ
演劇引力廣島 第20回プロデュース公演『跡先』(作・演出:福名理穂)
演劇 多目的スタジオ
演劇引力廣島 第20回プロデュース公演『跡先』(作・演出:福名理穂)
2024年2月21日(水)~2月25日(日)
「第66回岸田國士戯曲賞」受賞作家、福名理穂氏(広島出身)の書き下ろし新作!全国公募で集まった俳優たちと紡ぐ広島の家族の物語に、どうぞご期待ください。※21日(水)・22日(木)の公演については中止となりましたので、どうぞご了承ください。本公演は、23日(金)より開幕いたします。
【演劇引力廣島】第19回プロデュース公演『目頭を押さえた』(作・演出:横山拓也)
演劇 多目的スタジオ
【演劇引力廣島】第19回プロデュース公演『目頭を押さえた』(作・演出:横山拓也)
令和5年2月22日(水)~26日(日)
劇作家・演出家の横山拓也氏(iaku)を迎え、再演が繰り返されている名作『目頭を押さえた』を、広島に舞台を置き換え、上演いたします!時の移ろうなか変わるもの変わらないものが交ざりあって寄り添える、そんな一作にご期待ください。
リーディングセッション『雉はじめて鳴く』(作・演出・構成:横山拓也)
演劇
リーディングセッション『雉はじめて鳴く』(作・演出・構成:横山拓也)
令和4年2月23日(水祝)
劇作家・演出家の横山拓也氏(iaku)を迎えて、短期間のリーディングセッションを試みます。どうぞひととき皆様の五感で味わってみてください♪※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、公演は無観客ライブ配信(無料)に変更いたします。
第17回プロデュース公演『泥を泳ぐ』(作・演出:象千誠)
演劇 多目的スタジオ
第17回プロデュース公演『泥を泳ぐ』(作・演出:象千誠)
2020年2月20日(木)~24日(日)
象千誠(広島在住)を作・演出に再び迎えた創作上演。12月7日(土)チケット発売!!どうぞご期待ください。

演劇学校

その他の演劇学校へ
アステールプラザの演劇学校2023 [俳優コース]クリエイティブセッション 試演会 『穏やかな週末』
アステールプラザの演劇学校2023 [俳優コース]クリエイティブセッション 試演会 『穏やかな週末』
2023年7月17日(月・祝)開演 15:00
短いテキストを題材に、俳優と演出家がさまざまな対話を繰り広げるクリエイティブセッション。7日間の集中トレーニングの最終日に、とある週末を描いたオムニバス作品を上演します!作・演出:横山拓也(iaku) ※定員となりましたので観劇希望は受付終了いたしました(7/8)
【】
【】

演劇引力廣島とは?

(財)広島市文化財団の演劇事業が始まって8年目の平成15年度に、さらにステップアップしていくため、演劇ワークショップ事業にプロジェクト名を付けました。

それが、演劇引力廣島 です。

「引力」という言葉には「お互いに引き合う」という意味があり、演劇創造を通じて、広島から他地域へ出て行くだけでなく、他地域からも広島を目指してきてもらえるような、双方向の関係が築いていける魅力ある演劇都市「広島」を目標に名づけられました。

演劇引力廣島ロゴ
ロゴデザインのバックには「CORE」という英語が入ります。
COREには中枢という意味があると同時に、頭文字をとって
C=community(コミュニティ=地域)
O=originality(オリジナリティ=独創)、
R=relationship(リレーションシップ=関係)、
E=energy(エナジー=力)
という意味もこめられています。

「地域から独創性の高い演劇作品を発信し、他地域や他分野とのネットワークを構築する」「それらのパワーを結集して広島演劇界を活性化させていく」「自らがその中核的存在<CORE>となる」、以上の目標を表現したプロジェクト名です。

ひろしまオペラ・音楽推進委員会とは?