TEL 082-244-8000

FAX 082-246-5808

メール naka-cs@cf.city.hiroshima.jp

国際青年会館

宿泊専用TEL 082-247-8700

宿泊専用メール reserve@hiyh.pr.arena.ne.jp

お問い合わせはこちらよくある質問

演劇引力廣島

ホーム > 演劇引力廣島
第17回プロデュース公演『泥を泳ぐ』(作・演出:象千誠)
演劇 多目的スタジオ
第17回プロデュース公演『泥を泳ぐ』(作・演出:象千誠)
2020年2月20日(木)~24日(日)
象千誠(広島在住)を作・演出に再び迎えた創作上演。12月7日(土)チケット発売!!どうぞご期待ください。
第16回プロデュース公演『顔も、声も、』
演劇 多目的スタジオ
第16回プロデュース公演『顔も、声も、』
平成31年2月20日(水)~24日(日)
広島在住の象千誠による作・演出の舞台。19世紀のロシアの作家、アントン・P・チェーホフの描いた世界を、現代日本に生きる私たちの物語として再構築します。只今、絶賛制作中!どうぞご期待ください。
第15回プロデュース公演『昼下がりの思春期たちは漂う狼のようだ』
演劇 多目的スタジオ
第15回プロデュース公演『昼下がりの思春期たちは漂う狼のようだ』
平成30年2月21日(水)~25日(日)
広島と蓬莱竜太がタッグを組む三年計画集大成。 蓬莱の挑戦的新作は、総勢27人で織りなす、中学生大河ドラマ!

演劇学校

その他の演劇学校へ
アステールプラザの演劇学校[劇作家コース](講師:田辺剛)受講生募集
アステールプラザの演劇学校[劇作家コース](講師:田辺剛)受講生募集
令和2年9月12日(土)~12月27日(日)
第8期[劇作家コース]は、昨年度に続いて、田辺剛さん(劇作家、演出家/「下鴨車窓」主宰)を講師に迎え、<短編講座>と<長編講座>の2クラス、さらに前半には1コマからの受講も可能な<戯曲について深く知る講座>を開設します。劇作家志望のみならず、戯曲に触れてみたい方ならどなたでも!皆様のチャレンジ、お待ちしています!!
アステールプラザの演劇学校[一般教養プログラム]参加者募集
アステールプラザの演劇学校[一般教養プログラム]参加者募集
令和2年7月28日(火)~9月8日(火)
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、スケジュールを再調整しました。(4/25現在)
アステールプラザの演劇学校[俳優コース](講師:横山拓也)受講生募集
アステールプラザの演劇学校[俳優コース](講師:横山拓也)受講生募集
令和2年7月14日(火)~7月19日(日)
演出家とのクリエイティブセッション!昨年度に続いて横山拓也さんを迎え、小作品を短期集中トレーニング・上演することで、演技のスキルアップを図ります。※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、実施内容・日程を一部変更しました。(4/25)

演劇引力廣島とは?

(財)広島市文化財団の演劇事業が始まって8年目の平成15年度に、さらにステップアップしていくため、演劇ワークショップ事業にプロジェクト名を付けました。

それが、演劇引力廣島 です。

「引力」という言葉には「お互いに引き合う」という意味があり、演劇創造を通じて、広島から他地域へ出て行くだけでなく、他地域からも広島を目指してきてもらえるような、双方向の関係が築いていける魅力ある演劇都市「広島」を目標に名づけられました。

演劇引力廣島ロゴ
ロゴデザインのバックには「CORE」という英語が入ります。
COREには中枢という意味があると同時に、頭文字をとって
C=community(コミュニティ=地域)
O=originality(オリジナリティ=独創)、
R=relationship(リレーションシップ=関係)、
E=energy(エナジー=力)
という意味もこめられています。

「地域から独創性の高い演劇作品を発信し、他地域や他分野とのネットワークを構築する」「それらのパワーを結集して広島演劇界を活性化させていく」「自らがその中核的存在<CORE>となる」、以上の目標を表現したプロジェクト名です。

Facebook Twitter ひろしまオペラ・音楽推進委員会とは?