TEL 082-244-8000

FAX 082-246-5808

メール naka-cs@cf.city.hiroshima.jp

お問い合わせはこちらよくある質問

演劇引力廣島

ホーム > 演劇引力廣島 > プロデュース公演

プロデュース公演

2017年02月16日


演劇引力廣島 第14回プロデュース公演
『広島ジャンゴ』

作:象千誠、藤井友紀、蓬莱竜太
演出:蓬莱竜太

 

「強くなんかない、ただ母親なだけ。」

荒野にたたずむ喧噪の酒場。そこに現れたひとりの女、自称“ジャンゴ”。とどまることになったその街で、人々に巻き込まれていくうち、“ジャンゴ”が旅を続ける真の理由が明らかに・・・。

あたりまえの価値観、社会の常識、世間体― たくさんのしがらみが取り巻く日常を過ごしながらふと思う。私たちにとって何が幸せで、どこにどうあるべきか。今作では、たくさんの人生があるなかで、子どもを持ち一人生きる母親に焦点をあて、現実に迷い戸惑い、それでも明日を生きるすべての人々へ、パワフルかつドラマティックなステージをお贈りします。

昨年度につづいて、演劇界の第一線で活躍する蓬莱竜太氏とタッグを組み、広島在住の象千誠、藤井友紀らと“西部劇”のスタイルをかりて作品を書き下ろし、オーディションで選ばれた広島をはじめ各地域の演劇人たちと挑みます。蓬莱竜太と広島が創る“新西部劇(ニューウエスタン)”『広島ジャンゴ』にどうぞご期待ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼演劇引力廣島 第14回プロデュース公演
『広島ジャンゴ』
作:象千誠、藤井友紀、蓬莱竜太
演出:蓬莱竜太

日時:平成29年
2月16日(木)開演19:00 完売
2月17日(金)開演19:00完売
2月18日(土)開演14:00/19:00★完売 
2月19日(日)開演14:00完売
※開場は開演の30分前    
★アフタートーク開催

会場:
JMSアステールプラザ 多目的スタジオ
料金:
[前売]一般3,000円 学生・シニア(65歳以上)1,500円
[当日]一般3,500円 学生・シニア(65歳以上)2,000円
 ※日時指定、全席自由、消費税込み

チケット取り扱い:全公演 完売いたしました。
エディオン広島本店 082-247-5111 
福屋広島駅前店 082-568-3942
電子チケットぴあ(Pコード:455-554)0570-02-9999 
オンライン予約 シバイエンジン
アステールプラザ 082-244-8000 / 市内各区民文化センター

主催:(公財)広島市文化財団 アステールプラザ、広島市

助成:芸術文化振興基金、(一財)地域創造

後援:広島市教育委員会、中国新聞社、中国放送、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz、広島演劇協会、FMふくやま

協力:株式会社アルファエージェンシー、株式会社南青山事務所、オナゴDX、カムカムミニキーナ、グンジョーブタイ、劇団アヲジカ、劇団たわけもの、対岸ビバーク、有限会社中尾スタジオ、パルメザンチーム、広島修道大学演劇部、広島大学演劇団、プラチナムプロダクション、モダンスイマーズ、lambent

cast
岩地紗希奈、上岡久美子、江原健大、落合晶子、川村祥太、熊谷弥香、合田基樹、鈴政美穂、竹野弘識、田原靖子、常山大志、長谷川葉生、浜井美樹、林大貴、象千誠

emsemble
秋谷悠太、梅田麻衣、小野佑子、蒲野紳之助、深海哲哉、宮地綾

staff
演出:蓬莱竜太
舞台美術:長田佳代子/照明:佐々木隆良[㈱篠本照明]
音楽:加藤健一/音響:山崎信明[㈲ワークス]
舞台監督:松下清永/大道具製作:田添正俊[㈱美術センター)]
演出助手:藤井友紀、田中遙、新田千夏/舞台監督助手:高山和也、池田典弘
演出部:鍵本恵子、黒瀬志保、藤沢春菜、増田夏海、松本朋子、山本あかね
宣伝美術:金子裕美[art director]、イラスト:榎屋克優
制作部:有吉美保子、佐々木敦子、水戸亜祐美、山根早智
制作:神明恒彦、金沢章子、井藤久夫[(公財)広島市文化財団 アステールプラザ)]

企画・製作:(公財)広島市文化財団 アステールプラザ
http://h-culture.jp/

▽『広島ジャンゴ』特設サイト
http://hiroshimadjango.wixsite.com/2017

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

広島3年プロジェクトの2年目である。今回は広島の作家たちと共同で台本を創るという試みだ。広島の役者、東京の役者、初舞台の人、色んな人間が入り交じり、大変なわけである。しかも広島弁で西部劇という大変の極みに挑戦する。
そうして皆で1ヶ月半同じ釜の飯を食らい、一つのものを創りあげるために僕たちは知り合う。大変は楽しい。1年目の公演が終わったあとも関係は続いている。お互いが刺激しあい、切磋琢磨している。たまにお酒を飲む。演劇引力廣島とはそういう場所である。3年目是非参加してください。今回は観て、参加してください。 蓬莱竜太

作・演出家profile:
★蓬莱竜太
1976年生、兵庫県出身。1999年、劇団「モダンスイマーズ」の旗揚げに参加。以降、「モダンスイマーズ」の全作品の作・演出を手がける。最近の劇団外の主な舞台に『木の上の軍隊』(脚本/2013)『ブエノスアイレス午前零時』(脚本/2014)『正しい教室』(作・演出/2015)『スコット&ゼルダ』(上演台本/2015)など多数。映画『ピンクとグレー』脚本(2016)。『木の上の軍隊』は2016年11月に再演、同時にパルコ・プロデュース『星回帰線』(主演・向井理)がツアー。今後、舞台、映像にと活躍がますます期待されている。2009年、『まほろば』で第53回岸田國士戯曲賞受賞。
★象千誠
1983年生、北海道函館市出身、広島市在住。2002年、広島大学在学中に俳優として演劇活動をはじめ、2005年から劇作・演出も手がける。「演劇引力廣島」(公益財団法人 広島市文化財団 アステールプラザ主催)の事業には主に俳優として2012年度から参加。2015年「第21回日本劇作家協会新人戯曲賞」受賞、「対岸ビバーク」を旗揚げ、主宰。
★藤井友紀
1976年生、広島県出身・在住。2002年に「黄金山アタック」を旗揚げ、以降長きにわたり創作活動を継続。「演劇引力廣島」には前身である事業より参加をはじめ、2011年度より主に演出助手として携わる。日本劇作家協会中国支部長。広島演劇協会員。