TEL 082-244-8000

FAX 082-246-5808

メール naka-cs@cf.city.hiroshima.jp

国際青年会館

宿泊専用TEL 082-247-8700

宿泊専用メール reserve@hiyh.pr.arena.ne.jp

お問い合わせはこちらよくある質問

お知らせ

2020年11月30日(月)

 広島市は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、令和2年11月30日に下記のとおり「広島市主催のイベント等の開催に関する基本方針」を改訂しました。
 本年12月1日から当面の間、広島市主催のイベント等の開催の可否、イベントを開催する場合の感染予防対策については、この基本方針のとおり取り扱います。
 つきましては、市民や企業等の皆様におかれましても、感染拡大防止のため、主催されるイベント等につきまして、この基本方針に準じた取り扱いをしていただきますよう、御協力をお願いいたします。

広島市主催のイベント等の開催に関する基本方針(11月30日改訂)

 国及び県の催物(イベント等)の方針を踏まえ、本市主催のイベント等※の開催については、12月1日から当面の間、以下のとおり取り扱うこととする。
 なお、市民等が主催するイベント等の開催についても、この基本方針に準じた取扱いをお願いする。
※ 広島市の公益的法人等主催のイベント等を含む。

1 イベント等の開催の取り扱いについて

(1)イベント等の開催については、入場者の制限や誘導、手洗いの徹底や手指の消毒設備の設置、マスクの着用、室内の換気や人と人との距離の確保等の基本的な感染対策に加え、「イベント開催時の必要な感染防止策」を参考に感染防止対策を講じた上で、開催することとし、参加人数の目安については、以下のとおりとする。
○ 業種別ガイドラインの遵守及び別紙の基本的な感染防止等が徹底されている場合には、人数上限及び収容率要件による人数のいずれか小さい方を限度とする。
【人数上限要件】
・収容定員が1万人を超える場合は収容定員の50%、収容定員が1万人以下の場合は5,000人
・収容定員が設定されていない場合には、大声での歓声、声援等がないことを前提としうる場合は密が発生しない程度の間隔(最低限人と人が接触しない程度の間隔)を、大声での歓声、声援等が想定される場合は十分な人と人との間隔(1m)を空けること
【収容率要件】
・大声での歓声、声援等がないことを前提としうる場合には、収容率は100%以内
 収容定員が設定されていない場合は、密が発生しない程度の間隔を空けることとし、参加者が自由に移動でき、かつ、入退場や区域内の適切な行動確保ができない場合は後記(2)の例による。
・大声での歓声、声援等が想定される場合には、大声を出さないことを担保した上で、異なるグループ(又は個人)間では座席を1席は空けることとしつつ、同一グループ(5名以内に限る。)内では座席等の間隔を設けなくてもよい。この場合、参加人数は収容定員の50%を超えることもありうる。
 収容定員が設定されていない場合は、十分な人と人との間隔(1m)を空けることとし、参加者が自由に移動でき、かつ、入退場や区域内の適切な行動確保ができない場合は、後記⑵の例による。
○ 上記に該当しない場合は、従前のとおりとする。
・屋内であれば5,000人以下、かつ収容定員の半分以下の参加人数にすること
・屋外であれば5,000人以下、かつ人と人との距離を十分に確保できること(できるだけ2mを確保する)

(2)祭り(祭り、花火大会、野外フェスティバル等)などの行事の開催について、全国的又は広域的な人の移動が見込まれるものや参加者の把握が困難なものは、中止も含めて慎重に検討する。具体的には、イベント等を開催する場合については、十分な人と人との間隔(1m)を設けることとし、当該間隔の維持が困難な場合は開催について慎重に判断する。

(3)開催を予定しているイベント等については、発熱や軽度であっても咳・咽頭痛などの症状のある方、過去2週間以内に感染拡大している地域や国への訪問歴がある方は参加しないこと。健康や体調に不安のある方は参加を控えることを必ず事前にホームページ等で告知する。あわせて、有料のイベント等の場合には、上記に該当して参加しない方には原則として料金を返金する旨をホームページ等で告知する。

(4)全国的な人の移動を伴うイベント等又はイベント等の参加者が1,000人を超えるようなイベント等の開催を予定する場合には、その開催要件等について広島県に事前相談すること。

2 市民等からの相談対応

 市民等が開催するイベント等は、教育関係、福祉関係、観光関係等多岐の分野にわたると考えられることから、この基本方針に準じた取扱いに関する疑義等の相談については、企画総務局政策企画課で対応する。

令和2年11月30日
広島市新型コロナウイルス感染症対策本部

【リンク】

広島市主催のイベント等の開催に関する基本方針(11月30日改訂)

新型コロナウイルス感染拡大防止のための広島県の今後の対応(11月30日改正)

イベント等における感染拡大防止ガイドライン遵守徹底に向けた取組強化等について(内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室)

業種別ガイドライン(内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室)


ファイルイメージ

イベント開催時の必要な感染防止策

2020年11月22日(日)

広島県では、新型コロナウイルスの影響により、文化芸術、とりわけ「実演芸術」に係るイベント等が停滞している状況に鑑み、「新しい生活様式」のもとにおいても、実演芸術イベント等を開催しやすい環境を整備するため、実演芸術イベント等開催に要する費用の一部を支援する事業を実施しています。

▶ 募集案内  ▶ 募集チラシ

対象者

県内に活動拠点を有する、対象イベント等の主催者

対象イベント

令和2年10月7日から令和3年3月31日までの間、県内の有料の「劇場・ホール等」において、新型コロナウイルス感染拡大防止措置を講じた上で、不特定多数へ公開(無観客等での動画配信を含む)して行う、音楽・演劇・舞踊・芸能等の「実演芸術」イベント等
(プロ・アマの別は問わない)

対象経費

・会場使用料
・新型コロナウイルス感染拡大防止措置経費(マスク、消毒液、アクリル板、消毒作業人件費など)

申請期間

令和2年10月20日(火)~令和3年3月31日(水)

申請方法

申請及びその後の手続においては、原則、特設サイトからインターネットにより受け付けます。
インターネットでの申請が困難な場合には、下記までお問合せください。

▶ 文化芸術イベント等開催支援事業 特設WEBサイト

注意事項

支援事業の許可を得られた場合は、感染対策が行われていたか、アステールプラザから「証明書」発行することとなっていますので、申請を行う場合や申請を行った場合は、事前にアステールプラザまでご連絡ください。
申請された場合は、公演当日、次の事項について、確認させていただきます。
●3密の回避が行われているか。※適正にスタッフの配置、案内の掲示が行われているか
●マスク着用を指導しているか。※未着用者への配布又は入場制限が行われているか
●手指消毒の設置。※会場入口にアルコール消毒液を設置しているか(主催者設置)
●検温の実施。※入場者への検温が行われているか
●「広島お知らせQR」の登録(主催者にて登録)※QRコードの掲示(会場内2カ所以上)
●来場者の連絡先の把握。※来場者の名前・連絡先の把握が行われているか
●必要に応じ間仕切り板(パーテション)等の設置が行われているか
上記確認については、開場前又は開場中に職員が確認させていただきます。
対策が不十分と判断された場合は、証明書の発行ができない場合もありますので、感染対策は十分に行っていただきますようお願いいたします。
また、事前に申請をされた連絡がなく、公演当日、感染症対策の確認等が行えなかった場合も、証明書を発行できない場合がありますので、必ずご連絡ください。

申請等の問合せ先

「広島県文化芸術イベント等開催支援事業」事務局(株式会社アシスト:事務委託事業者)
〒730-0051 広島市中区大手町三丁目13-18
電話番号/082-567-5679
受付時間/平日9時~17時(12/29~1/3を除く)

全 2 件中 1 ~ 2 件目を表示