TEL 082-244-8000

FAX 082-246-5808

メール naka-cs@cf.city.hiroshima.jp

国際青年会館

宿泊専用TEL 082-247-8700

宿泊専用メール reserve@hiyh.pr.arena.ne.jp

お問い合わせはこちらよくある質問

主催事業

[新着] 【芸術劇場】オペラシアターこんにゃく座『森は生きている』新演出・オーケストラ版
オペラ 大ホール
開催日:令和3年3月20日(土)

アステールプラザ芸術劇場シリーズ
オペラシアターこんにゃく座 
オペラ『森は生きている』新演出・オーケストラ版

日時

2021年
3/20(土)13:00開演 ※開場は開演の30分前

会場

JMSアステールプラザ 大ホール

料金

[前売]一般4,500円/高校生以下3,000円 当日は各500円増
(全席自由・消費税込み)

チケット取り扱い

▼オペラシアターこんにゃく座 tel:044-930-1720
https://konnyakuza.tstar.jp
▼広島音楽教育の会 tel:090-7507-8555(山本)
▼JMSアステールプラザ1F情報交流ラウンジ(窓口販売)

作・演出ほか

原作:サムイル・マルシャーク(湯浅芳子訳による)/台本・作曲:林光/演出:眞鍋卓嗣

STAFF

美術:伊藤雅子/衣裳:山下和美/照明:金英秀/振付:白神ももこ/オーケストレーション:吉川和夫
舞台監督:八木清市/音楽監督:萩京子/宣伝美術:ミロコマチコ(画)・片山中藏(デザイン)
主催・制作:オペラシアターこんにゃく座 
共催:広島音楽教育の会、(公財)広島市文化財団 アステールプラザ

STORY

わがままな女王の気まぐれからはじまった
かごいっぱいの金貨につられたマツユキ草探し
むりやり冬の森へ行かされた〈むすめ〉が出会ったのは
〈時間〉をつかさどる自然のまもり手
一月から十二月まで十二人の〈月の精〉たちだった
‟もえろ もえろ あざやかに“
月たちが歌う焚き火のぬくもりのなかで
〈むすめ〉はなにをもらったか?女王はなにを学んだか?

concept

1954年日本ではじめて「森は生きている」が劇団俳優座によって上演された時、劇音楽を担当したのが当時22歳の林光でした。小さなこどもたちが「もえろもえろあざやかに」と歌いながら劇場をあとにする姿を見て、音楽を一生のしごとにしようと決めたといいます。
オペラ『森は生きている』の初演は1992年。以来、こんにゃく座の重要なレパートリーとして上演し続ています。岡村春彦、高瀬久男、大石哲史演出を経て、このたびこんにゃく座創立50周年記念公演〈第一弾〉として、新演出によるオペラ『森は生きている』が誕生します。
『クラブ・マクベス』、『遠野物語』でこんにゃく座にあらたな光を当てた眞鍋卓嗣演出によって生まれかわる、オペラ『森は生きている』にどうぞご期待ください。

お問い合わせ

オペラシアターこんにゃく座 tel:044-930-1720

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策

当館では、お客様に安心・安全にご来場ご参加頂くため、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を徹底し、リスク低減に努めています。お客様にも以下の取り組みについてご理解ご協力をお願いいたします。

・37.5度以上の熱がある場合や体調がすぐれない方はご来場をお控えください。
・会場内では常時マスクを着用し、咳エチケットへのご協力をお願いいたします。
・手洗い、手指の消毒をお願いいたします。
・会場内では対人距離を確保頂き、不要な会話はお控えください。

最新の情報やお願いについては当館ホームページ等でご確認ください。
また、万が一、感染者が発生した場合は、お客様の情報を保健所等の公的機関へ開示いたしますので予めご了承ください。