TEL 082-244-8000

FAX 082-246-5808

メール naka-cs@cf.city.hiroshima.jp

国際青年会館

宿泊専用TEL 082-247-8700

宿泊専用メール reserve@hiyh.pr.arena.ne.jp

お問い合わせはこちらよくある質問

お知らせ

2020年07月31日(金)

 広島市は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、令和2年7月31日に下記のとおり「広島市主催のイベント等の開催に関する基本方針」を改訂しました。 広島市主催のイベント等の開催の可否、イベントを開催する場合の感染予防対策については、当面の間、この基本方針のとおり取り扱います。
 つきましては、市民や企業等の皆様におかれましても、感染拡大防止のため、主催されるイベント等につきまして、この基本方針に準じた取り扱いをしていただきますよう、御協力をお願いいたします。

広島市主催のイベント等の開催に関する基本方針(7月31日改訂)

 国及び県の催物(イベント等)の方針を踏まえ、本市主催 ※ のイベント等の開催については、7月10日から8月31日の間、以下のとおり取り扱うこととする。
 なお、市民等が主催するイベント等の開催についても、この基本方針に準じた取扱いをお願いする。
※  広島市の公益的法人等主催のイベント等を含む。

1 イベント等の開催の取り扱いについて

○ イベント等の開催については、クラスターが発生するおそれのあるもの(密閉された空間で大声の発声、歌唱や声援又は近接した距離での会話等が想定されるイベント等)や「三つの密」のある集まり、リスクアセスメントの対応が整わない全国的かつ大規模なイベント等を除き、
・屋内であれば 5,000 人以下、かつ収容定員の半分以下の参加人数にすること
・屋外であれば 5,000 人以下、かつ人と人との距離を十分に確保できること(できるだけ2mを確保する) を目安としつつ、感染防止対策を講じた上で開催する。
○  上記に該当しないもので、この期間に開催する必要があり、開催日の変更が困難な場合は、少なくとも下記2の感染防止対策を確実に実施した上で開催する。
○  開催を予定しているイベント等については、発熱や軽度であっても咳・咽頭痛などの症状のある方、過去 2 週間以内に発熱や感冒症状で受診や服薬等をした方、過去 2 週間以内に感染拡大している地域や国への訪問歴がある方は参加しないこと、持病のある方や妊婦など、健康や体調に不安のある方は参加を控えることを必ず事前にホームページ等で告知する。あわせて、有料のイベント等の場合には、上記に該当して参加しない方には原則として料金を返金する旨をホームページ等で告知する。

2 感染防止対策

・入場者の制限や誘導、手洗いの徹底や手指の消毒設備の設置、マスクの着用、室内の換気や人と人との距離の確保等の基本的な感染対策を徹底する。
・イベント等の前後や休憩時間等の交流は極力控える。
・「新しい生活様式」の実践例を参考にイベント等の特性に配慮した対策を工夫して行う。
・熱中症予防のため、〈「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント〉を活用する。
・厚生労働省が開発した新型コロナウイルス接触確認アプリは陽性者と接触した可能性について通知を受けることができ、感染の拡大防止に寄与すること等を参加者に周知する。
・食事を提供する場合は、調理者や食事の提供者はマスクを着用し、手洗いを励行するほか、大皿での取り分けの自粛、座席の間隔や配置などに留意した上で行う。

3 市民等からの相談対応

 市民等が開催するイベント等は、教育関係、福祉関係、観光関係等多岐の分野にわたると考えられることから、この基本方針に準じた取扱いに関する疑義等の相談については、企画総務局政策企画課で対応する。

令和2年7月31日
広島市新型コロナウイルス感染症対策本部


ファイルイメージ

基本方針(7月31日改訂)


ファイルイメージ

感染対策のあり方の例

2020年07月27日(月)

1 来館される皆様へ

(1)次の方は来館をご遠慮ください

・37.5度以上の発熱が認められた方。
・過去2週間以内に発熱や感冒症状で受診や服薬等をされた方
・咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、目の痛みや結膜の充血、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐等による体調不良の方
・新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触がある方
・過去2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域への訪問歴及び当該在住者との濃厚接触がある方

(2)新型コロナウイルス感染防止対策にご協力ください

・マスクを着用し、咳エチケットの徹底をお願いします。
・入館の際は、出入り口に設置しているアルコール消毒液で手指の消毒をお願いします。
・人と人との適切な距離(最低1m)の確保をお願いします。
・来場者同士の接触や大声での会話はお控えください。
・厚生労働省のCOCOA等を用いた接触確認アプリを活用ください。

2 主催者の皆様へ

(1)利用申し込みに当たって

①全国的かつ大規模な催物等の開催については、感染リスクへの対応が整わない場合は中止又は延期するよう慎重な対応をお願いします。
参加者は5,000人以下、かつ、収容人数の半分以下とさせていただきます。

下記の「対人距離を確保した場合の会議室等の利用人数の目安」を参考に、利用申し込みをお願いします。
ただし、人数はあくまで目安であり、利用の形態に応じた適切な対人距離を確保できる人数での利用をお願いします。

<対人距離を確保した場合の会議室等の利用人数の目安>
大ホール 客席602人、オーケストラ等練習場 練習場60人 客席30人、
多目的スタジオ 112人、視聴覚スタジオ 35人、大練習室 25人、中練習室 15人、
小練習室 10人、大音楽室 35人、中音楽室 25人、小音楽室 15人、
リハーサル室 50人、市民ギャラリー A30人 B25人 C35人
中ホール 客席273人、大会議室A 36人、大会議室B 24人、中会議室 26人、
小会議室(1) 6人、小会議室(2) 4人、美術工芸室、 15人、工作実習室 15人、
大広間 36人、和室 10人

(2)催事の実施に当たっては、以下の対応をお願いします。

①参加者の連絡先確認(保健所等から名簿提出の依頼があれば協力する)
②参加者の来場前の検温の実施
③参加者に来場自粛を求める条件(発熱、咳・咽頭痛等の症状、外国・感染拡大地域への訪問歴 等)の事前周知
④アルコール消毒液等での手指消毒・手洗い
⑤マスク着用・咳エチケットの徹底(マスク着用しての参加について事前に周知)
⑥入室・退出時(入退出時の行列を含む)や集合場所・トイレにおいて、人と人との十分な間隔(1mできれば2mを目安に)を確保
⑦十分な座席の間隔の確保(前後左右四方を空けた座席配置等)
⑧定期的な換気(窓又は扉の開閉)
⑨直接手で触れる展示物の展示の自粛
⑩参加者同士の接触、会話抑制の呼びかけの実施


ファイルイメージ

当館を利用される方へ

全 2 件中 1 ~ 2 件目を表示