ホール誘導灯消灯手続きのご案内

1 消灯の手続き方法

  1. 使用日までに、所定の「誘導等消灯申請書(PDF)(DOC)」をアステールプラザに提出してください。
     入場者の客層が高齢者や子供である場合など内容によっては消灯できない場合があります。可否を急ぐ場合は早めの提出をお願いします。
  2. 添付書類として、「消灯タイムスケジュール」「人員配置計画書」が必要です。

2 誘導灯(避難口誘導灯・足元灯)の消灯・点灯方法及び消灯範囲

  1. 消灯できるのは、避難口誘導灯と足元灯です。
     足元灯を消灯すると、足元が非常に暗くなり危険なため、特に必要のある時間帯のみの消灯とし、細心の注意を払って観客の安全を確保してください。
  2. 誘導灯は一括消灯となります。
  3. 客席照明の明暗と連動して、誘導灯が点灯消灯します。客席照明を残したままで、誘導灯のみを消灯することはできません。連動スイッチはホール職員が操作します。
  4. 本番中であっても火災報知設備が作動した場合、火災報知設備と連動して誘導灯が強制的に点灯します。
  5. 危険防止のために点灯が必要と認められる場合は、ホール職員の判断で主催者の承諾なく手動で誘導灯を点灯します。

3 消灯の条件

  1. 誘導灯の点灯が演出上特に障害となる時間帯、誘導灯に限定すること。
  2. 消灯時の観客の入退場等については、主催者の責任において各扉に懐中電灯を所持した案内要員を配置する等、安全対策に万全を期すこと。
     なお、足元灯を消灯した場合、足元が非常に暗くなるため細心の注意を払うこと。
    (足元灯を消灯した場合、消灯中の観客の入退場及び席の移動はできません。)
  3. 公演開始前に場内放送により、入場者に対し誘導灯を消灯する旨を、周知すること。

4 放送例文

「本日の公演は、演出上の都合により、誘導灯を消灯します。(※ 消灯中は足元が大変暗くなり、危険ですので席を離れないでください。)
 なお、非常の際には誘導灯が点灯しますが、あらかじめ非常口をご確認ください。
 緊急の際には、各扉にいます係員の指示に従って行動していただきますようお願いします。」
(※)足元灯を消灯する場合は追加してください。

!!注意!!
 消灯による事故については、アステールプラザでは一切責任を負いません。主催者の責任で十分な安全管理をおこなってください。