TEL 082-244-8000

FAX 082-246-5808

メール naka-cs@cf.city.hiroshima.jp

国際青年会館

宿泊専用TEL 082-247-8700

宿泊専用メール reserve@hiyh.pr.arena.ne.jp

お問い合わせはこちらよくある質問

演劇引力廣島

ホーム > 演劇引力廣島 > 演劇学校

演劇学校

2019年08月19日 [新着]

▼アステールプラザの演劇学校
[キッズプログラム](講師:森永明日夏)

■日程
8月27日(火)14:00~16:00
8月28日(水)14:00~16:00
※両日とも同プログラムになります。

■会場
JMSアステールプラザ 1F市民ギャラリー

■定員
各20名※先着順

■参加料
500円

■対象
小学3年~4年生

■応募締切
2019年年8月19日(月)必着

■応募方法
申込書に必要事項を記入し、JMSアステールプラザまで、郵送、持参、FAX、電子メールのいずれかで提出してください。メールにてお申し込みの場合は、件名を「キッズプログラム参加希望」として、本文に①お子様のお名前②性別③学校名/学年/年れい④保護者氏名⑤ご住所⑥お電話番号⑦応募動機を記入しお送りください。

■講師プロフィール
講師:森永明日夏(もりながあすか)
広島出身、ニューヨーク在住。舟入高等学校演劇部、桐朋学園大学短期大学部演劇科卒業。俳優座に1994年~2015年まで在団。文化庁芸術家派遣によりニューヨークHBスタジオにて2001年~2003年まで2年間研修。舞台俳優、声優、舞台通訳、プロダクションスタッフとして国内外で幅広く活躍。ブロードウェイ『シカゴ』(日本語チューター)、『ムサシ』(演出:蜷川幸雄)/『金閣寺』(演出:宮本亜門)/平成中村座『怪談乳房榎』(以上、舞台通訳)など。日系教育機関、ジャパンソサエティー等でシアターエディケーションを教える。BAM、リンカーンセンター、MCCなどNYCの著名劇団のサポートのもと日本とNYCのシアターエディ―ケーションに関わっている。

・・・・・・・・・・・・・・・

▽講師より
<シアターエディケーションとは?>
アメリカの教育現場では、<演劇>は欠くことのできない手法とされてきました。ニューヨークの学校、市民参加の現場には、アーティストが教育に関わるプログラムが何千とあり、演劇をあらゆる角度から教えています。

演劇には、人が集い、地域社会をまとめる力があります。誰もが、本来の自分らしさに気づき、自分の生きる意味を見い出すようになります。そして最も重要な役割、それは、自分に対する意識を高めるチャンスを与えることです。

自分に自信を持ち、自分を肯定できるように導くことです。これが私だ、これが私のなりたい姿だ、これが私の考えだ、と明確に示すことができるようになり、それこそが大きな意味を持つものです。社会性を養い、創造力や発想力に溢れた生き方をおくる手助けになります。

ステファン・ディメンナ(NYCシアターエディケーションプログラム創設者のメンバー)

ステファンの言葉は力強く明確です。そして彼との現場で、年齢、人種、性別に関わりなく、人々の生き様が変わってゆく様を目の当たりにしてきました。

自分の言葉を持つこと、それを表現する力を養う事、自分の人生や経験を他人とシェアする事、それを通して他人とつながる力を養う事、そして演劇ワークショップや演劇をつくる過程で得るものは、すべて生きる力につながっていくと信じています。

・・・・・・・・・・・・・

■お問い合わせ・お申し込み
JMSアステールプラザ 「演劇学校」担当:金沢、鼻岡
〒730-0812 広島市中区加古町4-17 
電話:082-244-8000 FAX:082-246-5808 
電子メール:naka-cs@cf.city.hiroshima.jp