TEL 082-244-8000

FAX 082-246-5808

メール naka-cs@cf.city.hiroshima.jp

国際青年会館

宿泊専用TEL 082-247-8700

宿泊専用メール reserve@hiyh.pr.arena.ne.jp

お問い合わせはこちらよくある質問

演劇引力廣島

ホーム > 演劇引力廣島 > プロデュース公演

プロデュース公演

2022年07月31日

演劇引力廣島 第19回プロデュース公演 キャスト・スタッフ募集

横山氏の代表作『目頭を押さえた』を広島版に!

演劇界の第一線で活躍する演出家と創作活動を行うことで、スキルアップを図り、互いが刺激し合う環境の中で、地域のオリジナリティを生かし、広島の演劇界の“フラッグシップ”と呼べるクオリティの高い作品の創造発信を目指してきた「演劇引力廣島」。

長らく続く新型コロナウイルス感染症の影響や情勢により、世の中は様相を目まぐるしく変えています。昨年度、演劇引力廣島では、横山拓也さん(iaku)を迎えて、ウィズコロナを踏まえ短期間のリーディングセッションを試みました。今年度は、通常の公演創作に新たに舵を切り、皆様と共に試行錯誤したいと考えています。これからに向けて、さらに一歩、前に進められれば!意欲のある皆様、どうぞご参加ください!!高校生からシニア世代まで幅広く募集いたします。皆様のご応募を心よりお待ちしています。
※公演は有観客を予定していますが、状況によっては延期や中止、オンライン配信となる場合があります。

【キャスト】
▼ワークショップ・オーディション スケジュール
2022年9月2日(金)18:30~21:00、3日(土)10:00~20:00、4日(日)10:00~17:00
※上記の時間内で調整し、詳細は受験者にご連絡いたします。

▼募集内容
高校生役:女性2名、中学生役:男性1名、成人:男性3名/女性2名

【スタッフ】
▼募集詳細
①演出助手:演出の助手、稽古の進行、キャスト・スタッフのスケジュール調整などの業務
②舞台監督助手:舞台監督の助手、稽古場の管理、舞台進行などの業務
③演出部:美術プランナーの補助、衣装・小道具のプラン、製作、管理、場面転換などの業務
④制作部:公演の広報・宣伝・チケット管理、関連イベントの企画などの制作業務
※①②各2名、③④各4名募集

【公演概要】
□稽古:1/14(土)~2/21(月)□リハーサル・本番:2/22(水)~26(日)
※稽古時間は、平日18:30~21:00、土日祝日13:00~21:00を予定。リハーサル・本番日は終日拘束
※高校生の方は、学校の予定に合わせて、稽古・リハーサル時間を調整いたします。
※状況によっては、本番を含めすべてオンライン実施となる場合がありますので予めご了承ください。詳細は随時お知らせいたします。

【応募資格・条件】
高校生以上で、心身が健康で、原則として上記の公演概要に記載の全日程に参加できる方
パソコンを使って作業、オンライン稽古・本番が可能な方(スマートフォンのみは不可)

【応募方法】
所定の申込書に必要事項を記入し、JMSアステールプラザまで、郵送、持参、FAX、電子メールのいずれかで提出してください。

【必要経費】
稽古から本番に係る経費(交通費、食費等)は、参加者の負担となります。

【応募締切】
2022年7月31日(日)必着

【選考方法】
▼キャスト1次:書類選考(面接を行う場合があります) 2次:ワークショップ・オーディション
※選考結果は、郵送でお知らせします。
※オーディションの合否に関するお問い合わせはご遠慮ください。

▼スタッフ 書類選考後、随時面接
書類選考(面談を行う場合があります)※選考結果は郵送でお知らせいたします。

【その他】
キャスト・スタッフには、内容に応じて、出演料または謝礼をお支払いします。
内容・日程等に変更がある場合は随時お知らせいたします。
なお、期間中に記録や非営利目的の広報物等での使用を目的に、スタッフが写真・動画の撮影をする場合がありますので、予めご了承ください。

【お問い合わせ・お申し込み】
JMSアステールプラザ 「演劇引力廣島」担当
〒730-0812 広島市中区加古町4-17 
電話:082-244-8000 FAX:082-246-5808 
電子メール:naka-cs@cf.city.hiroshima.jp

▽演出家プロフィール
横山拓也(よこやまたくや)
1977年生まれ。大阪府出身。劇作家、演出家。大阪芸術大学同級生を中心に結成した「売込隊ビーム」を経て、2012年に演劇ユニットiakuを立ち上げる。鋭い観察眼と綿密な取材を元に、人間や題材を多面的に捉える作劇を心がけ、ある問題に対して議論や口論の構図を作り、正解に辿り着けないもどかしさや、アイデンティティの揺らぎなど、誰もが生活の中で経験する事象をエンタテインメントに仕立てる作風を得意とする。「消耗しにくい演劇作品」を標榜し、全国各地で再演ツアーを精力的に実施。演劇引力廣島プロデュース「リーディングセッション」『雉はじめて鳴く』(作・演出・構成/2022)

《受賞歴》
第15回劇作家協会新人戯曲賞『エダニク』
第1回せんだい短編戯曲賞大賞『人の気も知らないで』
第72回文化庁芸術祭新人賞『ハイツブリが飛ぶのを』
第26回OMS戯曲賞佳作『逢いにいくの、雨だけど』


ファイルイメージ

R4キャスト申込書


ファイルイメージ

R4スタッフ申込書