TEL 082-244-8000

FAX 082-246-5808

メール naka-cs@cf.city.hiroshima.jp

国際青年会館

宿泊専用TEL 082-247-8700

宿泊専用メール reserve@hiyh.pr.arena.ne.jp

お問い合わせはこちらよくある質問

演劇引力廣島

ホーム > 演劇引力廣島 > プロデュース公演

プロデュース公演

2020年07月31日  新着

演劇引力廣島 第18回プロデュース公演(作・演出:象千誠)

キャスト・スタッフ募集!!(7/31締切)

・・・・・・・・・・・・・・

演劇引力廣島 第18回プロデュース公演(2021.2月上演予定)のキャスト・スタッフを募集します。
まずは、9/4(金)・5(土)・6(日)にワークショップ・オーディション開催!!
あわせて各セクションスタッフを募集します。

・・・・・・・・・・・・・・

演劇界の第一線で活躍する演出家と創作活動を行うことで、スキルアップを図り、互いが刺激し合う環境の中で、地域のオリジナリティを生かし、地元広島の演劇界の“フラッグシップ”と呼べるクオリティの高い作品の創造発信を目指してきた「演劇引力廣島」。

第18回となる今回は、広島在住の象千誠(ぞうちせい/対岸ビバーク主宰・第21回日本劇作家協会新人戯曲賞受賞)を作・演出に迎えた3年目となり、広島での創作により磨きをかけながら公演制作を行います。地方都市で演劇活動を続けていくことの意義や課題や豊かさについて考え続けているという象氏。

世の中は新型コロナウイルスの影響により、日々目まぐるしく変化しています。私たちの創作現場はどのような形で皆さんと共有出来うるのか。新たな時代の幕開けとなる本年、演出と共にあらゆることを模索しながら作品に取り組んでいきます。まずは、秋にキャストオーディションを開催!そして共に舞台を作り上げる各セクションスタッフを募集します。皆様のご応募、心よりお待ちしています。

【創作スケジュール】

ワークショップ(稽古準備):①10/3(土)・4(日)、②11/7(土)・8(日)、③12/1(火)~6(日)
本稽古:1/9(土)~
□リハーサル・本番:2/15(月)~21(日)[7回公演]
※稽古時間は、平日18:30~21:30、土日祝日13:00~21:00を予定。リハーサル・本番は、終日拘束。

【募集内容】

▶キャスト[オーディション スケジュール]
日時:9/4(金)18:30~21:00、5(土)13:00~20:00、6(日)13:00~18:00 ※全日程ご参加ください。
会場:JMSアステールプラザ
参加費:無料

▶スタッフ[業務詳細]

① 演出助手 2名程度:演出の助手、稽古の進行、キャスト・スタッフのスケジュール調整などの業務
② 舞台監督助手 2名程度:舞台監督の助手、稽古場の管理、舞台進行などの業務
③ 演出部スタッフ 6名程度・美術プランナーの補助、衣装プラン・製作・管理、大道具・小道具製作・管理、稽古場管理、場面転換などの業務
④ 制作部スタッフ 4名程度:公演の広報・宣伝・チケット管理、関連イベントの企画などの制作業務

【応募資格】

18歳以上(高校生を除く)で、心身が健康で、原則として上記の創作スケジュールに記載の全日程に参加できる人。

【応募方法】

所定の申込書に必要事項を記入し、JMSアステールプラザまで、
郵送、持参、FAX、電子メールのいずれかで提出してください。

オンライン申込みフォーム → こちら


ファイルイメージ

R2募集要項


ファイルイメージ

R2キャスト申込書


ファイルイメージ

R2スタッフ申込書


【応募締切】

7/31(金)必着

【選考方法】

▶キャスト

1次:書類選考(面接を行う場合があります)
2次:ワークショップ・オーディション
※選考結果は、郵送でお知らせします。
※オーディションの合否に関するお問い合わせはご遠慮ください。

▶スタッフ:書類選考後、随時面接

【必要経費】

ワークショップから本番に係る経費(交通費、食費等)は、参加者の負担となります。

【その他】

キャストには、1公演10,000円の出演料をお支払いします。スタッフには、業務内容に応じて、謝礼をお支払いします。

【申し込み・お問い合わせ】

JMSアステールプラザ 「演劇引力廣島係」
担当:神明(シンメイ)、鴉(カラス)、金沢、井藤
〒730-0812 広島市中区加古町4-17 電話:082-244-8000 FAX:082-246-5808
電子メール:naka-cs@cf.city.hiroshima.jp

★象 千誠 Profile

1983年、北海道函館市出身。広島県広島市在住。2002年、広島大学在学中に俳優として演劇活動をはじめ、2005年から劇作・演出も手がける。2008年より拠点を広島市に移し、劇作家、演出家、俳優として活動。2010年~14年、演劇マネジメント活性化事業「DOCS」(公益財団法人広島市文化財団 南区民文化センター主催)に地元トレーナーとして参加。高校生・大学生を中心とするユースへ向けた人材育成の現場に携わる。2012年度から、「演劇引力廣島」(公益財団法人広島市文化財団 アステールプラザ主催)の事業に主に俳優として参加。第16回プロデュース公演(2018年度)『顔も、声も、』で初演出。『畳と巡礼』で第21回日本劇作家協会新人戯曲賞受賞(2015)

《近年の活動》
2013.2 演劇引力廣島 第10回プロデュース公演『ボーダー』(作・演出:赤堀雅秋)出演
2014.2 演劇引力廣島 第11回プロデュース公演『デンキ島~松田リカ篇~広島版』(作・演出:蓬莱竜太)出演
2015.2 演劇引力廣島 第12回プロデュース公演『飛ぶひと』(作・演出:ノゾエ征爾)出演
2016.2 演劇引力廣島 第13回プロデュース公演『五十嵐伝~五十嵐ハ燃エテイルカ~2016広島版』(作・演出:蓬莱竜太)出演
2016.9 アステールプラザ芸術劇場シリーズ[リージョナルセレクション スペシャル]
対岸ビバーク 第1回公演『畳と巡礼』作・演出・出演
2017.2 演劇引力廣島 第14回プロデュース公演『広島ジャンゴ』(演出:蓬莱竜太)作・出演
2017.11 アステールプラザ芸術劇場シリーズ[レジデンスコレクション]
対岸ビバーク 第2回公演『オッペルの息子』作・演出・出演
2018.2 演劇引力廣島 第15回プロデュース公演『昼下がりの思春期たちは漂う狼のようだ』(作・演出:蓬莱竜太)出演
2019.2 演劇引力廣島 第16回プロデュース公演『顔も、声も、』作・演出
2020.2 演劇引力廣島 第17回プロデュース公演『泥を泳ぐ』作・演出